メールで訃報のお知らせを受け取った時の返信の仕方

ネット社会となった現在では、冠婚葬祭のお知らせもメールで送る時代となりました。結婚式など華やかな席の場合はそれほど問題ではありませんが、訃報のお知らせをメールで受け取った場合、友人など親しい間柄でも失礼にならないよう気をつけて返信する必要があります。まず、件名は簡潔なものにします。本文は、冒頭にお悔やみの言葉を伝えます。親しい間柄だと多少のことは許されるかもしれませんが、礼儀をわきまえ敬称は間違えないよう気をつけましょう。心に寄り添えるような内容で、あまり長くならないよう簡潔に気持ちを伝え、相手の体を気遣う言葉を添えましょう。また、突然の訃報は心身共に疲れ、体調を崩すこともあるので、無理をし過ぎないようにとの言葉も伝えるようにしましょう。堅苦しい文章にする必要はなく、すぐそばで語りかけているかのような口調の文章が良いでしょう。ただし、親しい間柄とはいえ、絵文字などは不謹慎なので使用しないようにしましょう。