冠婚葬祭とメールのこと

私はある日、家に帰ってみると郵便受けの中に知り合いから結婚式の招待状が届いていました。私は出席をするかどうか迷いましたが、スケジュールが合ったので結局出席をすることにしました。出席をするという返事を書いた返信用の手紙を送ったのですが、その後すぐにその知り合いにメールを送って、結婚のお祝いをしました。それはあまり長い文章ではなくて、冠婚葬祭のメールとしてはごくシンプルなものだったのですが、私はとても丁寧に文章を書いて送りました。しばらく時間が経ってから、一通のメールが私の携帯電話に返信されてきました。私はもしかしたらとは思ったのですが、実際に電話を確認してみたら案の定、その知り合いから送られてきたものでした。そこには結婚のお祝いに関する感謝の言葉が丁寧に書かれていました。私はそれをじっくりと読んで嬉しい気持ちになりました。そして私は結婚式でその知り合いに直接会ったときにも、そのことを話題にしました。