冠婚葬祭のメールについて

冠婚葬祭とは元服、婚礼、葬儀、祖先の祭典であり慶弔の儀式のことを差します。わかりやすくいえば、「結婚式」や「お葬式(お通夜)」等のこというのが一般的です。冠婚葬祭の際にメールでお祝いやお悔やみを申し上げるのは正式ではないので、実際お会いするのが無理な場合は、電報を送る・お電話をするのがいいと思います。しかしこのご時世ですので、早くにお祝いやお悔やみを伝えたいという方はメールで送る方法も有りだと思います。例えばお祝いでもお悔やみでもそうですが、件名は用件がわかるように書くほうがいいでしょう。そしてメールの気軽さからつい言葉遣いも軽くなってしまいがちですが、職場関係の方や目上の方にはきちんと敬語を使って書き、内容も真面目にしておくべきだと思います。気軽だからこそこういった気遣いが大事です。あとは内容自体は電報であったり、ご挨拶と同じ様に使ってはいけない単語は使わないようにするべきです。例えばお祝いのときに別れを連想させる言葉を使ったり、お悔やみのときに不幸が繰り返されるような連想をさせる言葉を使ったりです。